法人印は、このサイトで決めましょう!法人印通販比較サイト

トップ > 法人印の豆知識 > 法人印は最低一つあればよいとされる

法人印は最低一つあればよいとされる

個人で生活するために印鑑を利用することがあります。
販売されているものがあるので、認め印などであればそれでも問題ありません。
ただし、契約書であったり銀行取引に使うときは、できるだけ異なる印影のものが良いとされています。
法人印を作るとき、最低一つあれば会社の運営は行えます。
その一つを法務局で印鑑登録をして、契約書などに押すのに使うことができます。
同じ印を銀行印として使うことも可能です。
また、日常的な手続きで認め印のように使うこともできます。
ただ、認め印や銀行員として使うと、それだけ印影がいろいろなところに出ることを意味します。
それを似せた印鑑を作られて、不正なことをされてしまう場合もあります。
ですから、通常は代表者印と銀行印、その他の認め印を区別して作るとされています。
その他角印などもそろえると慌てず業務運営ができます。



法人印ではどんな書体が使われているか

個人で利用する印鑑は、苗字が彫られていたり、フルネームの場合、人によっては下の名前が彫られたものを使う人もいます。
苗字がありきたりな場合は、下の名前の方が区別がしやすいからです。
大体見れば何と押されたかわかる文字が使われています。
一方、法人印の場合は特殊な文字が使われることが多くなっています。
見ただけでは何と押されたのか分からないこともあります。
ただ、これは一般的なことなので、わかるようにする必要はありません。
最もよく使われるのが篆書体と呼ばれる書体になります。
篆書体の良いところは、可読性が低いことです。
そのため偽造もしにくいとされます。
読めないことが重要になります。
篆書体と似ているのが印相体であったり吉相体と呼ばれる書体です。
篆書体よりも偽造されにくいので、より慎重に作るならこの書体が良いでしょう。



法人印の丸印と角印の使用する意味

法人印の丸印と角印の違いは知らない方は多いです。
角印は文字通り印影が四角になるハンコです。
会社印鑑で使用されることが多いです。
一方、丸印は印面が丸い印鑑のことを言います。
法人の実印や代表印で使用されることが多いです。
丸印はサイズの規定が1センチから3センチ以内の正方形で収まり、印影が明確でいたってシンプルなです。
外枠には法人名を内枠には役職名を彫刻します。
複雑な作りにし偽造をしにくくするデザインです。
一方角印は、印面に社名が彫刻されています。
会社名が彫刻されているので押した瞬間に会社が認めたということになります。
保管、管理には細心の注意が必要です。
管理する際は保管のルールをしっかり決めておくことをオススメします。
この法人印の丸印、角印を使用することでスムーズな会社運営をすることができます。
印鑑を押すことは重要な時が多いです。
大切に扱うことオススメします。

次の記事へ

カテゴリー