法人印は、このサイトで決めましょう!法人印通販比較サイト

トップ > 法人印の豆知識 > 法人印は会社経営をする時に必要

法人印は会社経営をする時に必要

独立起業が流行している中、その準備にどんなことが必要なのか分からない人は多くなっています。
独立起業したいのなら、そして、会社を経営したいのなら、いろいろな準備についても調べておきましょう。
例えば、法人印が必要になります。
書類作成や提出時に必要なので、これは早めに作っておくべきです。
もちろん、きちんとしたものではないといけないので、専門的な業者に作ってもらいましょう。
印鑑専門業者はインターネットで検索できます。
これまで作ってきた法人印を参考にしてみるのもお勧めです。
最近はデザイン性豊かなものが多くなってきており、重厚感のあるものもたくさんあります。
会社を経営するにあたって、ずっと必要になるものだからこそ、多少は値が張っても損をするはずはありません。
お金をかけて品質が良く、長く使えるものを作りましょう。



法人印では実印を作って印鑑登録する

不動産の取引などをするとき、個人の印鑑を市役所などに印鑑登録をして使います。
どんなものでも良いですが、できればきちんと彫ってもらったものを使うのが良いとされています。
では会社の場合はどうかです。
社長などの実印を使うのかです。
会社においては、法人印を用意します。
その中でも代表者印と呼ばれるものがあり、こちらは法務局で登記をしておきます。
個人が印鑑登録をした印鑑で色々な契約をするのと同様、会社においても契約の時などにはこちらの印鑑を使って行います。
印鑑登録をする印鑑は、日常的にはそれほど使いません。
重要な契約をするときのみに使います。
ですから、認め印などで良い場合に使うのは避けます。
非常に重要な印になるので、できるだけ欠けにくい素材でできたもので作ります。
最近はチタン製などが知られるようになっています。



法人印では銀行取引時に使う印鑑を用意

銀行からお金を下すとき、通帳と印鑑が必要になることが多かったです。
最近はどうかですが、ネット銀行などでは通帳がないところがあります。
さらには印鑑の届を必要としないところもあります。
個人の場合はネット上での取引が多くなっているかもしれません。
会社となると、日々の取引量が非常に多くなり、お金のやり取りも多いです。
手続きをするときには、印鑑が必要になることもあります。
この時に必要になる法人印は、銀行印と呼ばれています。
まさに銀行の手続きをするときに専門的に使う印鑑になります。
この印鑑は、登記をする必要はありません。
基本的にはどんな用途にも使えますが、極力銀行取引にのみ使うようにします。
法人の場合、お金の出し入れの単位が大きくなることがあり、印鑑での手続きが重要になります。
悪用されないためにも、銀行取引一本にしておいた方が良いでしょう。

次の記事へ

カテゴリー