法人印は、このサイトで決めましょう!法人印通販比較サイト

トップ > 法人印の豆知識 > 法人印として必要になる角印を作っておく

法人印として必要になる角印を作っておく

会社において手続きをするとき、その手続きを誰が行ったかがあります。
会社が行うでよさそうですが、会社そのものが行うこともあれば、会社の代表者が行うこともあります。
それぞれの行為は区別されるので、注意しないといけないでしょう。
法人印において作らないといけない印鑑に角印があります。
一般的な印鑑は丸いですが、角印は四角形をしています。
何が書かれているかわからないこともありますが、丸印は、代表者を意味する印であることが多くなります。
角印は会社そのものを表します。
契約の場合は、会社同士よりも、会社の代表者が行うので丸印を押します。
請求書などは、会社として発行をするので角印を押します。
書類によっては、丸印と角印を一緒に押すこともあります。
丸印は印鑑登録をしている印鑑だけでなく、認めとしても使える印鑑も要しておくと良いでしょう。



法人印は個人よりもたくさん使うことを想定

日本では自分自身を証明するのに印鑑を使うことが多いです。
何らかの届をするとき、宅配便の受け取りをするときなどには必ず押す必要があります。
サインで済むこともありますが、印鑑で行った方が簡単なので、宅配受け取り用の印鑑を用意している人もいます。
と言っても、毎日使うことはありません。
1年間に数回程度です。
実印となるとさらに少なくなります。
それに対して法人印は非常に使う機会が多いです。
契約をするたびに必要になります。
顧客に何らかの情報を郵送するときに使うこともあります。
そこで、たくさん押すことが想定される場合には、丈夫な素材を使うようにします。
以前は象牙が良いとされていましたが、今はほとんどなくなって、しかも非常に高価です。
水牛であったり、柘植の木などは丈夫で知られているので、こちらで作ると良いかもしれません。



法人印として作っておくと便利なゴム印

会社の運営をするとき、契約書を取り交わしたり、届をしたりすることがあります。
一部は電子的なやり取りも可能になっていますが、まだまだ書類を通すことが多くなります。
その時には必要事項を記載しないといけません。
中には同じようなことをいろいろな書類に書くこともあります。
良くあるのは、会社名と代表取締役の名前です。
さらには住所と会社名なども良く書きます。
書類ですから書くのが良いですが、この時には内容が分かればよいこともあります。
そこで、法人印として用意するものにゴム印があります。
こちらは通常の印鑑のように使うのではなく、手書きで書く部分などに代わりに使います。
会社を代表して書類を提出するときに、そのたびごとに文字が変わるより、ゴム印なら同じ文字で行うことができます。
ゴム印と一緒に認め印などを押して、提出することが多いかもしれません。

次の記事へ

カテゴリー