法人印は、このサイトで決めましょう!法人印通販比較サイト

トップ > 法人印の豆知識 > 最近の人気の印鑑素材のチタンのメリット

最近の人気の印鑑素材のチタンのメリット

 社会生活では日本の場合印鑑は無くてはならないアイテムになります。今ではインターネットの通販などで簡単に購入することができるので、一生使うものですから実印や銀行印、認印は一緒に作っておくと便利です。
 作る場合に生命は決まっていますので、あとは素材や大きさを選ぶだけで作ることができます。漢字やひらがななどの名前は決まっていまから、あとは材質を大きさを決めるだけです。実印は大きめにして銀行印や認印は実印と比べて小さめにするとわかりやすくなります。
 素材としては象牙や木、牛や金属など様々ですが、メリットが多いのは金属のチタンの商品です。他の素材の場合には、使っているうちに、摩耗してきてしまったり、欠けてしまうこともあります。そうなると削りなおしてもらっいたり、買い替えることになりますし、縁起も悪いということもあります。

 しかし、チタンは金属ですので、摩耗することもありませんし、欠けたりすることも、普通に使っていればありえません。ですので、一生そのまま使うことができるというメリットがあります。実印は自分の分身的な存在で、自分の投影のようなものなので、一生に一度の購入ということでも、買い替える必要や彫りなおす必要のない金属を選ぶのも選択肢になります。
 好みにもよりますが、見た目も光り輝いていて、使うとお金が残りそうな感じも受けます。金運も集まりそうなので、これから資産を作りたいという人には向いているかもしれません。オシャレな印鑑でもありますので、愛着がわくということや使う時に、良い印象を与えやすいということもあります。ファッションのワンポイントの持ち物としても使いやすい商品です。

 その他耐久性が高いということもあります。チタンの場合は火事などでも変形することもなく、そのまま残ります。汚れてもすぐに洗うことができますので、常に清潔に使うことができ、管理もできます。金属ですが錆びる心配もありません。その他一定の重さがありますので、捺印する時に安定します。
 あまりにも軽すぎると印影がズレたりしてしまいますが、ある程度の重さがあると押しやすくなります。デメリットとしては、冷たい感じがするということがありますが、これは人それぞれの感じ方で、非常にきれいな金属なので、高価なものというイメージも持てて、そのほうが良いという感じもします。金属なので輝いていて、見た目も美しいということも選ぶ理由になります。長持ちするので価格的にも十分見合う買い物になります。

カテゴリー