法人印は、このサイトで決めましょう!法人印通販比較サイト

トップ > 法人印の豆知識 > 会社の証としての法人印の大切さ

会社の証としての法人印の大切さ

会社と会社が契約を交わす際に、法人印が使用されます。
海外では、印鑑ではなく、サインをする文化であり、日本では、印鑑を押す文化といえます。
職人が手彫りで製作された印鑑は、同じ印鑑がないといわれています。
それは、同じ名字や会社名であっても、まったく同じ物はなく、それぞれの証明をしてくれることになります。
また、職人の手彫りではなく、量産型の印鑑も出回っており、これらは日常生活で必要な場合に使用されています。
宅配便の受け取り時や回覧板など、重要性の低く場合が殆どです。
この日本独特の文化として、受け継がれてきたことでもあります。
条約できるまでは、印鑑に使用されていたのは、象牙であり、強度と高級感を兼ね備えています。
現在では、新たに象牙を得ることはできませんが、それまでに市場に出回っていた象牙で、印鑑は作られています。



良質な法人印を押せる印鑑を用意しましょう

法人印はビジネスを行う上で必要不可欠です。
インターネットが普及・発展した現代でも、紙媒体に印をつけるための法人印の入った印鑑はなくてはならないツールと言えます。
専門的に依頼企業のニーズに沿ったものを作成してくれる専門業者は存在します。
インターネットで検索をすれば多様な印鑑専門業者の公式サイトが見つかるでしょう。
起業して法人専用の印鑑をお求めの方は、公式サイトに掲載されているデザインや形、また料金などを確認して適切なところに作成を依頼しましょう。
料金面に関してもしっかり確認をしましょう。
大量に作成を依頼する場合は、仕事を依頼する前に見積もりを出していただくことをお勧めします。
サイトを閲覧してご不明のことや気になることがあれば、遠慮なくスタッフの方にお問い合わせをしましょう。
良質な業者の方ほど、すぐに丁寧にお返事をいただけるでしょう。



法人印がつくってもらえるオンライン通販ショップ

様々な印鑑がつくってもらえるオンライン通販の専門店では、個人印だけではなく法人印もつくってもらうことができます。
これから起業したいという人にぜひおすすめしたいのが、会社印の三点セットです。
この三点とは会社実印や会社銀行印、会社角印で、会社実印は法務局に届け出る印のことです。
代表者印と呼ばれることもあります。
会社銀行印とは銀行に届け出る、金銭関係で使用する印のことです。
会社角印とは社外文書だけではなく社内文書にも押印します。
様々な素材でつくってもらうことができて、チタンや玄武、黒水牛やなどの素材が人気を集めています。
チタンで会社印の三点セットをつくってもらうと、印鑑ケースが付いて81,880円になります。
また玄武なら26,380円で、黒水牛なら銀行印が含まれない二点セットが20,580円です。

次の記事へ

カテゴリー