法人印は、このサイトで決めましょう!法人印通販比較サイト

各社の総合評価早見表

法人印は何種類必要なの?

ビジネスは契約が前提で成り立っています。何気なく押している印鑑は法的にもビジネス滴にも重要な意味があります。企業に働く人だけでなく、起業家にも押さえておきたい法人印の種類や法的効力の違い、作り方があります。
契約にてトラブルから争いごとが起き、法的対処するときには、その契約が誰と誰の合意のもとに行われたかが重要です。契約書に押してある印鑑で第三者から見た場合の契約の有効性や立証性が異なってきます。

法人印は届出義務があり、どの企業でも法務局にて届出を行っています。そこで契約時に代表者印が捺印されている方が認印よりも契約の有効性が立証しやすいです。法人実印を使うと会社の意思で契約を締約したという事実を証明する度合いが高いです。
契約で一番大切なことは双方の合意です。印鑑には合意があったということを証明するために重要です。届出を出した実印には重みが大変あります。筆跡は人によって異なり、筆跡鑑定を行うと署名者を探し出すことができるため、本人の筆跡という信頼度は大変高いです。契約においてのトラブル時には偽造されたり盗まれてしまう可能性がある実印よりもサインの方が証拠能力が高いです。
設立登記のときには管轄法務局に代表者印の届出義務があり最低でも1つは印鑑が一つです。さらに銀行印や角印などを持つことはその企業の自由です。最低一つは義務になっています。ただし、会社の実印を銀行印として届出してしまうと一つの印鑑にリスクが高まってしまうため、企業の実印代表印と銀行印がわけることが多いです。
会社を設立するときには最低実印だけでも法的には問題がありませんが、通常実印と銀行印と角印と種類を用意する企業が多いです。種類を分けることによってリスクを分散することができます。
印鑑を押す機会が多くなるほど悪用されてしまう可能性も高まります。銀行印と実印を分けるとリスクを分散することができます。代表取締役が一人しかいない、社員がいない場合には代表印と銀行印は1本でも問題はありません。

一般的な会社では代表者印と銀行印、角印、ゴム印の4種類用意していることが多いです。代表者印は法人実印とも呼ばれており、法務局に届出を出して登録している印鑑です。形態に規則はありませんが通常直径18ミリの丸印が使われています。
銀行印は銀行の法人口座を開設するときや、手形や小切手の振り出しが使います。銀行印は経理担当者が持っていることが多く、代表者印とは別に用意しておく方がおすすめです。代表者印と銀行印を区別するために一般的には少し小さめの用意しています。
角印は社印とも呼ばれ、見積書や請求書、領収書などの代表印を押すほど重要ではないという書類に捺印するときに使います。ゴム印は契約書の署名欄などに自筆でサインする代わり利用する印鑑です。一般的に所在地や電話・FAX番号、会社名、代表者印が彫られています。値段は高くなりますが分離タイプを利用すると活用の幅が広がります。

カテゴリー